猫の脱走防止に!網戸カバーの作り方

猫の脱走防止に!網戸カバーの作り方

 

気温も上がってきたし、窓を開ける機会も増えてきたけど

猫を飼っていると、網戸にするのは超危険!

っていうのも、器用な猫だと網戸を簡単に開けちゃって

その隙間から脱走してしまう…… なんて事もアリエルから。

そんなリスクは取れない。でも、空気の入れ替えはしたい。

室内飼いをしてるとこんなジレンマがあります(笑)

 

網戸にすると脱走しない分にも網戸で爪を研いだり

イタズラするケースも多いみたい。

(網戸の買い替えって意外とお金かかるよね)

もちろん、イタズラしてたら楽しくなっちゃって

網戸を登って、その拍子に網戸が外れる場合も(笑)

外に興味が無い猫でも例えば虫が網戸に付いてたら

その虫を追って網戸を外してしまう事も。

 

網戸カバーを作ろう

 

猫の脱走っていうのは飼い主さんなら誰しもが

絶対に避けたいトラブルの1つだと思います。

(俺は、一度ならず二度経験してます……)

そうなると普通に網戸にするのは危険行為!

愛猫に家から出ていいよ!って言ってる様なもの。

 

って事で、手軽にネットで買おうと色々調べた所、

一応、それ用の物が市販されてるんだけど……

 

正直言って、デザインが酷いwww

(後、地味に値段が高いのも気になる所)

 

何故か白い物しかない。なんで!なんでなん!?

マンションなら白くても目立たないというか……

むしろ壁紙が白いなら白いカバーの方が良いかも?

だけど、今住んでる家に白いカバーは色的に合わない。

 

どうしても白いのは嫌だ!やっぱり黒が良い!

って事でw 去年、網戸カバーを自作しました。

簡単に作れるし、今年も問題なく使えてるから

作っておいて損はないと思います♪

 

用意する物

 

実際に網戸カバーを作るのに用意する物はこれだけ↓

 

 

・メッシュパネル黒(色はお好みでどうぞ♪)

パネル自体の規格が決まっていて、

30cm×90cm

45cm×90cm

60cm×90cm

45cm×45cm

が基本のサイズになるから、サッシの高さに合わせて

1つまたは2つ購入しましょう。

(基本的には、2ついると思います)

 

 

・結束バンド(出来ればメッシュパネルと色を揃えよう)

複数使ってメッシュパネルを固定する事になるから

そこまで気にする必要はないと思うんだけど、

一番細い幅の結束バンドだけは避けて下さい。

もしかしたら強度不足で耐えられないかも???

 

・窓ストッパー(サッシ用のやつ)

これは色んなタイプの物が売ってあるから

サッシの隙間の幅を測ってサイズの合う物を購入して下さい。

 

基本的にはホームセンターとかで揃うと思うけど、

メッシュパネルについてはサイズも色々あって

在庫が無い場合もあるから、ネットで買うのがオススメです。

 

網戸カバーの作り方

 

メッシュパネル2つをサッシの高さに合わせて

丁度良い高さの所で結束バンドを使って留めるだけ。

これを作るって言ってよいのか疑問が残るけどw

 

本当にこれだけで簡単に作れちゃうっていうね。

 

 

サッシの上部は少し隙間を空けておきましょう。

(ピッタリにすると設置できなくなるからwww)

 

 

結束バンドは最低でも4つ使う様に。(強度確保の為)

後、固定する箇所を一列にしておくと収納する時に

折りたためるのでオススメです。

 

出来たメッシュパネルを溝にハメてサッシで挟む。

そして、窓ストッパーをして固定すれば完成です!

 

 

これだけで猫の脱走も防止出来るし、網戸も守れて

 

まさに一石二鳥!!!

 

これから暑くなるし、窓を開ける機会も多くなるだろうし

一家に一台?用意しておきましょう♪

 

100均の材料でも作れるのか

 

結論から言うと作れる。作れるんだけど

その場合、メッシュパネルが小さい物しかないから

当然、何個も繋げる必要があります……(笑)

 

金額的にも結局同じくらいかかっちゃうと思うし

強度を考えても2枚のメッシュパネルで作る方が

猫が万が一よじ登っても安心です。

 

設置する時の注意点

 

サッシの高さが通常よりもある場合には、

設置する時に頭上に注意した方が良いですw

折り畳み式で作った場合、上部を抑えてないと

倒れてきて頭にぶつかる事があります(笑)

 

まぁ、慣れれば全然問題ないんだけどね。

 

実際に窓に設置した所↓

 

 

外の匂いに釣られて小樽王が来たけど

網戸カバーがあるから安心!安全!

 

 

桜王君と小樽王は近づくだけなんだけど……

ルタ王はたまに網戸カバーをよじ登ってて(笑)

それでも今まで一度も外れた事は無いです♪

 

最後に

 

材料も比較的簡単に手に入るし、DIYと呼ぶには

あまりにも簡単にできちゃう代物なのでw

愛猫の脱走防止の為にも用意しておきましょう♪