猫の折り紙に挑戦してみよう!

猫の折り紙に挑戦してみよう!

 

子猫の世話に追われている中で、

たまたま新聞で箱を作っていた際に

「なんか折り紙でおもちゃ作ろう!」

と、思ったのが最初のきっかけで……

 

猫の折り紙に挑戦しました(笑)

 

ちなみに、拾ってきた子猫は無事に育ち

我が家の4匹目の王になりそうです。

名前は、「Ne王(ねおう)」にしました。

……あ、ブログのタイトル変えないとw

 

折り紙で猫って折れるの?

 

結論から言うと普通に折れます。

 

世の中には折り紙作家という人がいて……

かなりリアルな猫を折ってる人もいます。

しかも、凄いレベルになると立体です。

 

折り紙で立体ってピンと来ないかもだけど

高難易度になると立体の物が多いです(笑)

 

立体の折り紙に挑戦してみた

 

最初は、「Ne王」を遊ばせてる間に

ヒマだから折ってみたわけなんだけど

 

折り紙舐めてました……

 

立体の折り紙は本当に難しくて、

全然、折れませんでした(笑)

 

というか、0から何かを折るのは

平面でも難しいと痛感しました。

 

が、最終的に納得いく物が折れました。

と言う事で、そこに至るまでの経緯を

面白おかしく紹介していきます。

 

ちなみに、折り紙って言ってるけど

新聞紙を切って代用しています(笑)

 

簡単な猫の折り紙

 

まずは、練習というか勉強しよう!

って事で、ネットで調べて出てきた

簡単そうな奴から折ってみました。

 

(ちょっとアレンジしてあります。)

 

確かに簡単だし、猫っぽいんだけど

簡略化され過ぎてるな~って印象。

でも、これで足の折り方は掴めました。

 

アライグマ?タヌキ?

 

なんとなく折り方が分かってきたから

考え無しにノリで折ってみたんだけど、

結果、アライグマ?みたいになった……

 

 

足と尻尾は何とかなりそうなんだけど、

耳の形成がキモになると思います。

 

カメレオン?

 

なんとかして耳を再現しようとしたり、

足を長めにしようと工夫した結果……

 

 

なぜかカメレオンみたいになりましたw

 

子犬?

 

少し複雑に折りすぎてる気がしたから

一旦、折る数を減らしてみました!

 

 

ん~なんか違う。これじゃない感ね。

雰囲気の問題だけど、子犬っぽい?

背中の膨らみと胸が重要なのかな……

 

モグラ?

 

耳を折ろうとするとバランスが悪くなる。

って事で、後回しにして折ってみたら

最終的に耳が折れなくなっちゃって失敗。

 

 

姿勢も低いし、モグラみたいに。

 

猫っぽい何か

 

新聞紙のサイズを一段階落として、

普通の折り紙のサイズに近づけて折ったら

思っていた通りかなりのサイズダウン。

 

 

小さすぎて何か分からない始末(笑)

このままの折り方だと普通の折り紙だと

完成した時に小さすぎる可能性が……

 

モ◯ハンに出てきそうな奴

 

折り紙の鶴にヒントがあるかも!?

って事で、とりあえず、鶴を折って

そこから色々と折ってみたんだけど

 

 

もはや、猫ではない、化け物に(笑)

 

イノシシ

 

結局、使っている紙のサイズに限らず

顔(耳)、前足、後ろ足、尻尾……

この4つを作る必要があるわけだけど

現状の俺の折り紙レベル?では、

どうも難しい。多分、紙が足りない。

 

長方形の紙なら足りそうなんだけどね。

あくまで普通の折り紙で折りたいから

後ろ足にかける紙の面積を削減して

他の部分に使える面積を増やしました!

 

「座ってる」状態なら不自然じゃないし

これならいけるんじゃないか!?

 

 

……はい。無理でした。イノシシでした。

 

 

イノシシになっちゃったけどもw

座ってる状態っていうアイデアは採用!

 

そして、今度は耳と前足を一体化させて

よりシンプルに折ってみました。

 

 

何故か分からないけど犬になりました。

背中が真っ直ぐだと犬っぽくなるのかな?

 

半立体の折り紙にも挑戦

 

結構、色々と試してみたんだけども

一向に猫が折れる様子がないのでw

立体は諦めて半立体に移行しました。

 

半立体=ほぼ平面だけど自立可能

 

猫(ラグドール)

 

手足の太さに問題はあるんだけど、

猫の要素を詰め込む事は出来た!

 

 

って言うか、実は後から気が付いたけど

完全にラグドール体型だったという(笑)

 

立体の折り紙に再挑戦

 

半立体が行けたんだったら立体も……

 

こうゆうのって閃きも大事だけど、

多分、諦めない事が一番大事だと思い、

もう一度、立体に挑戦しました!

 

猫(ラグドール)2

 

 

どうですか?ラグドールでしょ?w

(うん、結局、普通の猫は無理だった。)

 

座っている状態、前足と耳の一体化、

しっぽの折り方、顔の折り方、背中の位置、

全てここまで折ってきた猫モドキ達から

学んだ知識を総動員しました。

 

最後に平面の折り紙に挑戦

 

確かに、ラグドールは折れたんだけど、

普通の猫に全然辿り着けなかったから

一周回って平面で折ってみる事に!

 

座ってる猫

 

 

まだまだ粗削りな部分は否めないけどw

かなりそれっぽい見た目じゃないですか?

 

部分的に折るのが難しい所があって

簡単とは言えないんだけどね……

 

サムネ画像は、折り方をアレンジして

家にあった折り紙で折りましたッ!

キジトラ白、ラグドールは頑張ったけど、

アメショーの感じを出すのは無理でした(笑)

(「小樽王」ごめんね。黒猫になったわ)

 

まとめ

 

さて、最初の猫の折り紙以外は、

すべて自力で折ってみたわけだけど

折り紙って奥が深い。深すぎる!

 

正直、立体の折り紙とかマジで難しいし

平面だとしても試行錯誤は必須です。

 

が、何度もトライしたら意外と折れます。

 

まだ先の事になるとは思うんだけど~

折り方が決まったら実物大の猫を折って

写真を撮りたいと思います!(笑)

 

後、こうゆう↓高級折り紙で折るのも

アリかもしれない…… 贅沢だけどね!

 

 

皆さんも猫の折り紙に挑戦してみては?