猫草(CatGrass)は種から育てよう!

猫草(CatGrass)は種から育てよう!

 

そもそも、猫草って何?

 

猫が好んで食べるイネ科の背の低い草です。

実は、色々と種類があるんだけど、

一般的に販売されている物は「燕麦」です。

名前は猫草だけど、犬も好んで食べます。

 

なんで草を食べるの?

 

ネコ科の動物は基本的に肉食なんだけど、

なぜか猫は燕麦(または大麦)を食べます。

 

うちの場合、「ルタ王」はあまり食べないけど

「桜王君」と「小樽王」は凄い食べる!

 

 

それもちょっと引くレベルでムシャムシャと(笑)

 

 

「桜王君」は、舌なめずりするくらい好き↓w

 

 

こんな感じで、必ず食べるってわけじゃなくて、

中には全く興味を示さない猫もいるらしいです。

基本的には、食べる子の方が多いと思う。

 

で、なんで草を食べるのか?だけど、

 

これには諸説あるって言われてるんだけど、

 

・ グルーミングで飲み込んだ毛を

毛玉にして吐き出す為

・ 排泄を良くする為

・ ビタミン(葉酸)を摂取する為

 

実は……これ全部、らしいです(笑)

 

単純に猫草の食感、味が好きなだけとか。

後は、食べるとすっきりするとか……

とにかく、あくまでも「嗜好品」の位置づけ。

 

ちなみに、「小樽王」は枯れた猫草でも

あまり気にせずにムシャムシャしてます↓

 

 

ただ、「桜王君」の場合に限ってなんだけど

猫草を食べないと毛玉吐くんだよね~……

 

元野良猫だから?外でも猫草を食べてたのかも。

病院に連れて行くのが超~大変だから、

猫草でバランス取って貰ってます(笑)

 

もし、病院に連れて行ける猫ちゃんで

猫草が無いと吐いたり食欲が低下する場合、

直ぐにかかりつけの動物病院に行って下さい。

恐らく、消化器官に何か問題があります。

 

食べる過ぎると良くない?

 

猫草は猫の胃では消化されにくいから

あまり食べすぎると草を吐いたりします。

その場合、与える量を調整しましょう。

 

てか、そもそも嗜好品なわけだからw

食べて具合悪くなるようなら与えないように!

 

オススメは種から育てる方法

 

ペットショップとか花屋とかに

既に草が成長した物が売ってたりするけど、

一番オススメなのは、種から育てる方法です。

 

「GREEN Labo」の種が安くてオススメです♪

 

 

が、最初は、成長してる奴を買う方が良いです。

出来れば苗ポット(黒い軟らかいケース)の奴。

 

それで猫ちゃんが猫草を実際に食べて、

健康上に問題が無い事を確認した後は、

苗ポットを捨てずに取って置いて下さい。

これを次回以降に再利用します。

 

4号鉢で10回分!めっちゃお得です(笑)

 

 

土の質は注意した方が良い

 

最近は100均とかでも土が売ってるけど

熱処理(細菌処理)をしてない物が多くて、

湿度の高い部屋に置くとカビが生えたり、

下手すると「キノコ」が生えたりしますw

 

ガーデニング用品を売ってる店には

当然、ちゃんとした土が売ってあるけど

猫草を育てるのには、この土がオススメです↓

 

 

先ほどの猫草の種と同じブランドです。

 

観葉植物用の土(室内で育てる想定)でも

全然、問題はないと思うんだけど、

清潔&安価なので、俺はこの土を使ってます。

 

3L、4号鉢で5回分になります。

 

 

猫草の育て方

 

植物を育てた事が無い人は、

難しそう……って思うかもしれないけど

猫草はめっちゃ簡単に育ちます(笑)

 

・ 鉢に土入れる(7分目くらい)

・ 種を撒く(土が見えなくなる程度)

・ 土を被せてる(種が見えなくなる程度)

・ 水をたっぷりあげる

・ 芽が出るまで蓋をしておく

・ 芽が出たら日光に当てる

・ 水やりは土が乾いたらたっぷり

 

はい。これだけです。

正直、かなり適当でも育ってくれますw

 

猫草が枯れる原因

 

育てるのは簡単な猫草なんだけど、

実は、結構、枯れたり、カビたりします。

 

芽が出てから、成長してからの管理を

間違ってる人が多いみたいです。

 

枯れるのは単純に水分量の問題。

 

あまりにも日差しが強い所に置いていれば

水を多めにあげないと乾燥するし、

土が十分に水を含んでいる状態なのに

毎日、水をあげれば根腐りします。

カビが生えるもの湿度が高いからです。

(もちろん、購入した土に問題がある場合も。)

 

一般的に言われてるのは、霧吹きだよね。

もちろん、霧吹きで水をあげても良いけど、

 

あまりオススメしません。

 

俺はこの方法で何度も枯らしてます……(汗)

 

土が乾いた、もしくは、草がしなってる。

そうなった時に水をたっぷりあげればOK。

これが一番分かりやすいのでオススメです!

 

後、このやり方でも草が枯れてきた場合、

枯れた葉先をハサミで切ると長持ちします。

 

また、猫草の寿命は1週間程度だけど、

「良い水」で育てると普通に2週間は持ちます。

ただ、その前に猫が全部食べちゃうけどね(笑)

 

 

コルクで鉢カバーを作った話

 

え~と、ちょっと余談にはなるけどw

余ったコルクで鉢カバーを作った話です。

 

猫(主に「桜王君」)が草を食べる時に

その食べ方にもよるんだけど……

苗ポット(鉢)を倒す事があってw

 

その度にこぼれた土の掃除をしてたんだけど

余ってたコルクでカバーを作って、

そこに収める事で倒れなくしました!

 

まぁ、今は陶器のプランターが付いてる

スターターセットが売ってあるから

 

 

これを最初から購入するのも手だと思うけど

(ちゃんとリフィルも別売りしてます。)

 

如何せん、うちは猫を3匹飼ってるから、

猫草をループさせる必要があるのと

置いてる場所がリビングの棚の上だから

万が一落とされても大丈夫なように

コルクでカバーを作った感じです。

 

コルク鉢カバーの作り方

 

めちゃくちゃ簡単に作れます。

 

まずは、サイズを決めます。

苗ポット(または鉢)の大きさを測って

とりあえず、コルクを並べてみます。

 

 

実際に苗ポットを置いて、最終確認↓

 

 

OKだったら、ボンドで接着します(笑)

はい。コルクとボンドだけで出来ます!

 

 

一応、コルクのリサイクルにもなるから

ワインを飲む飼い主、いや、猫奴隷の方は

是非、一度試してみては?(笑)

 

まとめ

 

結論、猫草は無理に与えなくても良いけど

猫草が好きな猫ちゃんには与えましょう!

 

あ、言い忘れてたけど、おやつの代わりに

あげればダイエットにもなりますよ(笑)

でも、食べすぎには注意して下さい!