猫の爪とぎベッドの作り方を紹介!

猫の爪とぎベッドの作り方を紹介!

爪とぎベッドって何?

 

猫を飼っている人は知ってると思うんだけど、

一応、知らない人の為に簡単に説明します♪

前置きは良いから早く作り方が知りたい!っていう

あなたは「目次」から「爪とぎベッドの作り方」へ!

 

そもそも爪とぎは何の為にするの?

 

猫は元々狩りをする動物だから爪は大切な武器!

爪が層になってて爪を研ぐ事で古い層を剥がして

鋭い爪を出してます。(ポロっと殻みたいに取れる)

 

他にも、猫の肉球には臭腺があって爪とぎをして

この匂いを付ける事で“マーキング”してるとか。

猫にとっては欠かせない習慣の1つなわけです。

 

爪とぎには色んな種類がある

 

爪とぎは、ポール型で縦置きの物とか

柱、又は、部屋の角に設置する壁型のものとか

色んな形状で商品化されてるんだけど、

寝る事も出来るベッド型の物が爪とぎベッドです。

 

「爪とぎベッド」だけ見ても結構種類があって

デザインも色も様々だけど段ボール製だから消耗が激しくて、

すぐに買い替えが必要だったりします。

(確か、猫壱さんが出してる商品は替えをばら売りしてる)

 

他の爪とぎは麻縄製の物もあって耐久性に優れてるけど

今の所、麻縄製の爪とぎベッドは見たことない……

 

無いなら作ればいいじゃない

 

って事で、「爪とぎベッド」を自作したので

簡単な作り方を紹介していきます♪

 

爪とぎベッドの作り方

 

はい。ようやく爪とぎベッドを作っていきますw

今回、初めて作ったので色々とミスったんだけど

ポイントを抑えて説明するので、これから作る人は

俺と同じ間違いはしないはずです(笑)

 

用意する物

 

闇雲に作り始める前に、しっかりと材料を用意しましょう。

 

・大量の段ボール(出来れば大きいサイズ)

 

 

最終的なサイズによって必要な量は変わるけど、

猫がすっぽり入るには直径40cmくらい必要なので

それなりの量を用意しましょう!

 

Amazon で買い物してる人は簡単に集まるでしょ?w

 

この他に必要なのは文房具類が主になります↓

 

 

・鉛筆
・定規
・ハサミ
・カッター
・テープ(ガムテープ、セロハン、etc)
・木工用ボンド(仕上げに使用します)
・マスキングテープ(お好みで)
・ペット用の麻縄(麻縄製が作りたい場合のみ)

 

動物に害のあるオイルを使用してる場合があるので、

麻縄は必ずペット用の物を用意して下さい。

 

段ボールをカットする

 

段ボールに鉛筆と定規を使って線を引いてから

ハサミとカッターを使って切っていきます。

なるべく長く切り出した方が良いです。

 

 

段ボールの向きに注意して下さい。

 

すり鉢状にしたい場合

 

市販の爪とぎベッドの様にすり鉢状にする場合、

段ボールを切る幅を少しずつ広げていきます。

完成後の見栄えは良いけど、難易度は少し高め

ちなみに、反対側は平らになっちゃうけど、

別に平らでも使えるので、一応リバーシブル。

 

段ボールの軸を作る

 

切り出した段ボールをクルクルと丸めていって

テープ等でしっかりと固定しておきます。

これが「爪とぎベッド」の中心部分になります。

 

 

すり鉢状にしたい場合

 

この最初の軸の部分が一番低い事になります。

今回作った物は結構大き目なので、軸の高さは12cm、

一番外側の高さが16.5cmです。(参考までに……)

予め完成時の高さを決めておきましょう♪

 

段ボールを巻き付けていく

 

軸に切った段ボールをどんどん巻いていきます。

1枚ごとにテープで止めながら進めましょう。

 

 

段ボールを巻く前に折り目を付けておくと

仕上がりが綺麗な円形になります。

 

付けない場合、この様に↓多角形になります(笑)

 

 

途中で猫に乗って貰ってサイズを見ましょう♪

 

 

好みのサイズになるまでこの作業を続けます。

 

 

表面はすり鉢状↑だけど、裏面は平らです↓

 

 

マスキングテープで装飾する

 

丁度良い大きさになったら、最後の段ボールを

ボンドを使ってグルっと貼り付けます。

その後、お好みでマスキングテープ等を使い

装飾すれば段ボール製の「爪とぎベッド」完成!

 

 

 

麻縄を張り付ける

 

段ボール製の「爪とぎベッド」が出来たら

これに麻縄をボンドで貼り付けるだけです。

これで麻縄製の「爪とぎベッド」完成っ!!!

 

 

オススメは、段ボール製のまましばらく使って

段ボールがボロボロになってから麻縄を張る!です。

 

猫がガンガン爪を研ぐので端の方がボロボロになる↓

 

 

こうなってから麻縄を張る事でより長い期間

「爪とぎベッド」を使用する事が出来ます。

 

麻縄に含まれているオイルが匂うので

出来れば一度茹でてから陰干ししましょう。

これで多少は匂いが軽減すると思います。

 

俺はこれをしなかったので、猫が匂いを嫌がりw

自然に匂いが薄くなるまで誰も「爪とぎベッド」を

使わない時期がありました(苦笑)

 

まとめ

 

いかがでしたか?

思っているよりも気力と時間が必要で、

諦めてしまった人もいると思いますが(笑)

一気に作らず、コツコツ作るのもアリだと思います。

 

実際、段ボール製の「爪とぎベッド」は売ってるし、

中には手造りでは真似出来ないレベルの物もあるけど

自作した「爪とぎベッド」で気持ち良さそうに寝てる

猫達を見ると、それだけで癒されますよ……♪

 

 

 

 

ん~これぞ猫奴隷の至福のひと時(笑)