ねこかぶり番外編!ミニ麦わら帽子と魔女帽子♪

ねこかぶり番外編!ミニ麦わら帽子と魔女帽子♪

 

今回は、ねこかぶりの番外編です!

 

基本の帽子をアレンジする事で

色んな種類の帽子が制作可能です。

 

基本の帽子(どんぐり)の作り方は、

↓の記事を参考にして下さい♪

 

猫の毛で作る帽子(ねこかぶり)の作り方♪

 

って事で、今回はミニ麦わら帽子と

魔女帽子のアレンジを紹介します!

 

ミニ麦わら帽子の作り方

 

これは小さめに作った作品なので、

材料(猫の毛)も少ないです♪

 

サイズを測る

 

猫玉を作って猫の頭に乗せてみます。

 

 

小さめとはいえ、フェルト化すると

思っているよりも縮むから(笑)

 

 

気持ち大き目に作りましょう♪

 

(なんか肉まん乗せてるみたいw)

 

ちょっと特殊な作り方をするので、

これくらい↓大きくても大丈夫です。

 

 

形成する

 

手で押して無理やり形成します(笑)

 

 

基本の帽子の縁の部分を外側に折って

鍔の部分を作るって感じです。

 

結構、適当にやっても大丈夫ですw

 

紐(猫の毛)で更にアレンジ

 

ベースは「ルタ王」の毛だったから

「小樽王」の毛を使って紐を作って

麦わら帽子に巻き付けてみました♪

 

そして、完成したのがこちら↓

 

 

麦わら帽子っぽくなりました~!!!

 

 

意図的にかなり小さく作ったから

帽子としてかぶるって言うより、

頭に乗せるって感じかもしれない(笑)

 

実際に猫に乗せてみた

 

 

ちょっと「ルタ王」ヤバい顔してるけどw

どうやら気にしちゃってる様子……

 

ん?これあなたの毛なんですけど?

 

ちなみに「小樽王」の場合は、この通り↓

 

 

なぜか全然、気にしてない!

 

 

猫は、小さい帽子も似合います(笑)

 

今回は、麦わら帽子にしたんだけど、

シルクハットとか?ベレー帽とか?

小さいシリーズを増やしたい所♪

 

魔女帽子

 

これは、ミニ麦わら帽子とは反対に

すっぽりとかぶせるデザインにしようと

 

かなり大き目に作りました!

 

 

基本の帽子の2倍くらいの毛が必要です。

 

って事で、猫玉を作らずにお皿の周りに

毛を乗せて最初から帽子型にする事で

少しでも猫の毛を節約してます(笑)

 

サイズを測る

 

こちらも毛を足しながら大きくして

その都度、猫にかぶせて様子見。

 

 

斜めにかぶるとベレー帽みたい(笑)

 

 

ちなみに、耳を入れるとこんな感じ↓

 

 

「小樽王」には悪いけど、笑っちゃうw

(サムネにしようか迷ったレベル)

 

 

形成する

 

帽子のサイズが決まったら縁を付けて

天辺を尖らせて形を形成します。

 

 

写真は、かなり形成が進んだ状態。

 

最初はフワフワしてると思うけど、

だんだんと毛が固まってくるので

根気よく毛を足していきましょう♪

 

更に毛を足す

 

どんどん毛を足して足して足して……

 

 

ひたすら肥大化しました!!!

 

 

良い感じのサイズになった所で

ある事に気が付きます……(笑)

 

 

このサイズの魔女帽子の場合、

猫は耳が頭の上に付いてるから

帽子をすっぽりかぶる事は出来ない。

 

(もう2回り大きければいけるかも?)

 

耳の穴を空ける

 

仕方ないので、耳の穴を空けました!

こんな感じ↓でがっつり空けました。

 

 

かぶせてみると、良い感じ~♪

 

 

ちょっと「桜王君」は嫌がってたけどw

 

 

やっぱり、「ルタ王」の毛だけあって

「ルタ王」が一番に合ってるかも???

 

 

猫の毛で更にアレンジ

 

なんかのっぺりしてたから

「小樽王」の毛を拝借しまして(笑)

 

ちょっとアクセント付けました♪

 

(いや~「小樽王」の毛、便利!)

 

 

結局、「小樽王」が一番似合うっていうw

 

横から見ると、こんな感じ↓です。

 

 

まとめ

 

って事で、ねこかぶり番外編でした!

 

 

他にも作品作ったら随時UPします(笑)

 

コツを掴まないと難しいと思うけど

猫の毛の扱いに慣れれば簡単だし

アレンジ次第で色々作れるから

皆さん、挑戦してみては…???