ラグドール(オス♂)の性格と特徴、魅力を紹介

ラグドール(オス♂)の性格と特徴、魅力を紹介

 

せっかく3種類の猫を飼っているので

それぞれの性格特徴魅力

紹介していこうと思います!

 

これから猫の奴隷になろうとしてる

これから猫を飼おうとしてる人の

参考になれば、幸いです(笑)

 

今回は、シリーズ第三弾になります。

 

第一弾はこちら↓からどうぞ~♪

キジトラ白(オス♂)の性格と特徴、魅力を紹介

第二弾はこちら↓からどうぞ~♪

アメリカン・ショートへア(オス♂)の性格と特徴、魅力を紹介

 

そして、シリーズ最後を飾るのは、

ラグドールの「ルタ王」です。

 

ラグドールとは

 

ブルーの瞳と美しい毛並みが特徴の

中型種に分類される大きい猫です。

オスは最大10kgまで成長する場合も!

完全に成長するには約4年かかります。

 

ペルシャとシールポイントのバーマンの仔を

バーミーズと掛け合わせて産まれた品種。

って言われてるけど正確な情報ではなく、

あくまでも憶測の域を出ないです。

 

ちなみに、名前の由来は抱っこすると

ぬいぐるみ(Rag Doll)みたいに

脱力する事からだそうです。

 

毛色は脅威の240種類

 

ラグドールは毛色の種類が幅広くて

代表的な物だけでも8種類あります。

 

更に、色の出る場所によって呼び名があって

これは全部で3パターンあります。

 

「カラー」ポイント

 

体の末端(顔、耳、足、尻尾)に濃い色が

出ているパターン。「カラー」の部分に

毛色の名前を入れて呼ぶルールがあって、

ルタ王は「ブルー」だから「ブルーポイント」。

 

ミテッド

 

カラーポイントに白い靴下を履かせた様な柄。

って説明される事が多いんだけど~

ミテッドは、野球のミットに近いと思う。

顎、胸、お腹にも白い毛が出るのが理想。

 

「ルタ王」は、「ブルーポイント」に加えて

「ミテッド」だから「ブルーポイントミテッド。」

 

バイカラー

 

ハチワレが出ているパターンです。

被毛の色が明るめなのも特徴で、

ラグドールの中でもっとも毛色の

パターンが多い。(てか、多すぎw)

 

毛色や模様で性格判断?

 

キジトラ白では紹介したんだけど、

アメショー同様、ラグドールも毛色と模様では

性格の判断は出来ないです(笑)

まぁ、なにせ240種類あるからね……

 

性別で性格判断?

 

結局、性別での性格判断になります。

が、これもそこまで重要ではなくて、

個体差や環境の影響が大きそう。

 

オスは、やっぱり甘えん坊。

メスよりは遊びに興味があるから

若干、活動的って言えるかも。

 

メスは、気分屋さんでマイペース。

人間で言うとB型の人かな?(笑)

 

ラグドール(オス)の性格

 

飼っていて「ルタ王」は少し変わってると

思ってたんだけど、色々と調べると

意外とちゃんとラグドールしてましたw

 

大人しい

 

基本的には、大人しいです。

 

 

寝ているところにちょっかい出しても

余程、機嫌が悪い場合以外は、

全く気にせず微動だにしません(笑)

 

犬っぽい

 

猫なのにこの表現は変なんだけど……

なんか犬っぽいんですよね(笑)

 

 

遊び方もそうだけど、猫よりも

犬の性格に近い気がします。

ん~人懐っこいというか……

1日中、付きまとってくるし(笑)

 

図々しい?

 

頭の良さからくる部分だと思うけど、

あまり周りの状況を気にしない感じ。

 

知らない人が来てもすぐに慣れて

気が付いたらお腹出して寝てますw

 

 

後、一番年下(三男)だからか?

「桜王君」と「小樽王」が寝てても

自分が遊びたいと絡んだりしますw

 

ラグドール(オス)の特徴

 

性格を見ても分かると思うんだけど、

ラグドールは少し変わった猫です(笑)

そして、特徴を見ていくと更に面白い。

 

成長と共に毛色が変わる

 

ラグドールと言えば、これですよね。

産まれたては、皆、白いんだけど~

成長と共に個々の色が出てきます!

細かい話は、こちら↓の記事からどうそ。

 

ラグドールの毛色は1年でここまで変わる!

 

ビックリするくらい毛色が変わりますw

 

「ルタ王」も家に来て直ぐはこんな感じ↓で

 

 

今では、こんな感じ↓になりました(笑)

 

(そうそう、椅子で寝るのが好きですw)

 

デカい

 

今は、中型種だけど元は大型種。

「ルタ王」はまだ5kg ちょっとだけど、

骨格的にはもっと大きくなりそうです…..

 

 

うちでは、一番若いのにもう既に

3匹の中で一番大きい猫です(笑)

 

めちゃくちゃ賢い

 

ラグドール全体に言える事だけど、

中型種なので、小型種より頭が良いです。

もちろん、個体差はあると思うけどw

 

「ルタ王」の場合は、頭良すぎて……

ちょっと扱いに困る時もあります。

 

 

食事の時は、かならずテーブルに乗って

人間の食べてる物を観察してます(笑)

 

運動神経は微妙

 

これも一般的に言われてるけど、

あまりジャンプ力はないと思います。

 

「桜王君」と「小樽王」が登れても

高さ80cm くらいの所だと登れない。

 

(それでも、一応登ろうとするので注意)

 

ラグドール(オス)の魅力

 

さて、ラグドールの魅力についてだけど

性格と特徴がそのまんま魅力かも(笑)

 

甘えん坊

 

眠くなると、膝の上に乗ってきて

いわゆる「ふみふみ」してきます。

 

 

遊んで欲しい時は、可愛く鳴いたり

オモチャを持ってきて催促してきます。

どんなに忙しくても断れない……w

 

異常に頭が良い

 

性格の章で少しだけ触れたけど、

これが一番の魅力かもしれないです。

 

 

躾も必要ないし、他の猫よりも

比較的、言う事を聞いてくれますw

お腹を出して寝る

 

抱っこ好きで有名なラグドールだけど、

「ルタ王」はあまり抱っこ好きではないw

 

その代わり?寝る時は基本仰向け。

いわゆる「ヘソ天」で寝ます(笑)

 

 

模様が変わる

 

毛色(模様)が変わるのは、

やっぱり魅力からは外せないかと。

他の猫では見れない現象だしね。

 

小さい頃から写真を撮り貯めて、

後から振り返るっていう楽しみ方も

出来ます!楽しすぎるw

 

猫と犬のハイブリッド

 

犬と猫、どちらを飼うか迷っているなら

どっちの性能も備えたラグドールが良いかも。

 

 

猫の自由奔放な性格を残しつつも、

犬の従順さを発揮したりします(笑)

 

まとめ

 

今回はラグドールのオスである

「ルタ王」の性格、特徴、魅力を

紹介しましたが、如何でしたか~?

 

ちょっと特殊な猫にはなるんだけど

体のサイズ以外に飼い辛い点はないし、

(通常よりも大き目のキャリーが必要)

むしろ、頭が良いから飼いやすいです。

 

強いて言うなら「長毛種」だから

ブラッシングが大変ではあるけど……

 

抜け毛で色んな作品が作れるので、

猫奴隷の俺としては大歓迎です(笑)